【東京・中央区・日本橋】離婚相談、離活、離婚協議書、離婚公正証書作成。離婚経験者、行政書士、夫婦カウンセラー、FPとしてあなたのこれからの幸せをサポートします。

HOME » 離婚の準備と手続き » 離婚後の住居について

離婚後の住居について

現在の住居にすみ続ける場合

夫婦に子供がいる場合、子供の生活環境を考えて親権を持った妻と子が現在の住居に引き続き住み続けることを希望することが多いです。以下のことを確認しておきましょう。

賃貸

賃貸の場合には夫が名義人になっている場合が多いので、「賃貸契約書」の名義人変更が必要となるケースもあります。

持家

この場合には、家の名義をどうするか、また夫がローンの名義人で妻子が引き続き住む場合、残りのローンをどうするか、ローンの名義変更等、しっかり取り決めをしておきましょう。

新たに住居を探す場合

賃貸

特に母子家庭が部屋を借りるのは簡単ではありません。正社員で所得証明等がしっかりとあれば別ですが、しっかりとした保証人を要求されたり、保証会社と保証人両方を求めるところもあります。
不動産会社によって対応が違ったりもしますので、時間がかかりますが、家探しは複数の不動産会社にあたってみることををお勧めします。

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋9-5-717
TEL 03-5643-7225 (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@mac-e-office.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時
休日 日曜・祝祭日(お仕事をされている等、時間がとれない方には、休日・時間外も対応致します。時間外料金はいただきません。)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab