【東京・中央区・日本橋】離婚相談、離活、離婚協議書、離婚公正証書作成。離婚経験者、行政書士、夫婦カウンセラー、FPとしてあなたのこれからの幸せをサポートします。

HOME » 円満離婚のまとめ » Vol.25 離婚後にもらえるお金のまとめ(児童手当) | 東京・中央区・日本橋 離婚相談・離婚協議書作成・離婚公正証書作成.com

Vol.25 離婚後にもらえるお金のまとめ(児童手当)

 

児童手当

児童扶養手当

児童育成手当・・

 

名前が似通っていて、ややこしくありませんか?
これ、全部違うものなのです。

 

 

離婚の相談にいらっしゃる方は

離婚届を提出することがゴールと

認識している方が多いのですが

 

離婚はゴールでなくて

新しい生活のスタート。

 

 

当事務所では

離婚後の生活のシミュレーションにも

力を入れています。

 

①児童手当

 

中学校までのお子様がいれば

離婚しているしていないに関わらず

受け取ることができます。

 

離婚をすると

通常は親権者が受給者となります。

 

ですから、離婚前に父親が受給者と

 

なっていて、

離婚後に母親が親権者になる場合には

手続きが必要です。

 

金額は

・0歳以上3歳未満・・・15,000円

 

・3歳~小学校修了前・・・10,000(第1子・第2子)・15,000円(第3子以降)

 

・中学生・・・10,000円

となります。

 

世帯の所得が約960万円以上となると

上記の金額ではなく1人あたり5,000円となります。

 

19歳以降は児童の数として数えられないところも注意が必要ですね。

 

離婚はまだ成立していないけれど

別居・・という場合にも

 

一定の条件を満たせば

お子様と一緒に生活している親への

受給者へ変更は可能です。

 

次回は児童扶養手当について

ご紹介させていただきます。

 

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋9-5-717
TEL 03-5643-7225 (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@mac-e-office.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時
休日 日曜・祝祭日(お仕事をされている等、時間がとれない方には、休日・時間外も対応致します。時間外料金はいただきません。)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab