【東京・中央区・日本橋】離婚相談、離活、離婚協議書、離婚公正証書作成。離婚経験者、行政書士、夫婦カウンセラー、FPとしてあなたのこれからの幸せをサポートします。

HOME » 円満離婚のまとめ » Vol.22 浮気をした後に相手の気持ちをつなぎとめるのは難しい | 東京・中央区・日本橋 離婚相談・離婚協議書作成・離婚公正証書作成.com

Vol.22 浮気をした後に相手の気持ちをつなぎとめるのは難しい

 

今回は「大奥タイプ」の亜流である

「おさるさんタイプ」について

ご紹介します。

「おさるさんタイプ」は

「男女の組み合わせ」として

浮気が発生してしまうことが

多いのです。

浮気をしてしまう夫の特徴

・学生の頃からどちらかというと真面目。

・女性の経験値が低い。

・性格は正直・素直。

・安定性のある職業についている。

(公務員の方、多いです)

・妻は真面目で明るくて優しい女性。

(まさに妻にしたい女性ですね)

・妻とはうまくいっている。

浮気相手の女性の特徴

・明るくて華やか(派手)な見た目。

・自分が一番でないと気が済まない。

・夫とうまくいっていない、

もしくはすでに離婚している。

・上記のいざこざで(悪い意味で)

男性慣れしている。

・上記のいざこざで少し精神病み気味。

・男性相手のお仕事の方(水商売等)で

あることはほとんどありません。

(この辺りが大奥タイプと違います)

出会い

・中学校・高校・大学等の同窓生。

・子どもを通しての付き合い。

(ママ友つながり)

・趣味の仲間

この「おさるさんケース」の浮気のご相談

約90%が上記の条件に当てはまります。

真面目で誠実だった夫が

「魔性」とも呼べる女性と浮気。

 
夫と女性の出会いは友人を交えて。

地元が同じ、中学校・高校の同級生。

 
子どもつながり、趣味のつながり等

最初、夫にとって

その女性はたくさんの友人中の

1人にしかすぎません。

その夫を女性がロックオン。

 
といってこのタイプの女性は

自分から告白するなど

野暮なことはしません。

 
上手にスキを作ります。

そうなんです。

女性がスキを見せると

「あれ?自分に気があるの♪」

「もしかしてできちゃう?」と

男性の本能が反応します。

 
そして夫はその女性が

「好みの女性」に見えてしまうのです。

 
女性の方は一見華やか(派手)に見えますが

その明るさとは裏腹に

夫婦間はうまくいっていません。

 
離婚はしたいけれども

経済的な不安と強い依存心で

パートナーに対する恨みつらみが

毎日溜まっている状態です。

 
そんな中、

優しそうな(いうことを聞きそうな)

安定した職業の男性が現れた。

 
彼女の心では自分に都合のよい

ファンタジーが始まります。

 
彼女の男性の経験値は高いので

真面目そうな男性を落とすのは

簡単なこと。

 
そうやって

自分にのめりこんでくれる

男性をつくることで

日々のストレスから

自己価値を回復させようとします。

 
彼女は相手の男性が

好きなのではありません。

 
自分にのめりこんで

自分のいうことを

何でも聞いてくれる

自分に都合のよい男性が好きなのです。

 
彼女にとって不貞は

恨み・つらみの溜まっている

自分の夫への

あてつけなので

罪悪感は皆無です。

 
自分は可哀想な被害者と

考えているので

周りのことは考えていません。

 
そうやって

「すぐさせてくれそうな女性」を

好きな男性と

「自分にとって都合のよい男性」を

好きな女性との

付き合いが始まります。

女性の経験値が少ない夫は

自分勝手な女性と付き合った経験が

ありません。

 
しかし妻には

申し訳なくてできなかった

あんなことやこんなことも

させてくれます。

 
それを「自分は愛されている。」と

勘違いしてしまうのです。

そして

Lineで朝・昼・晩と

卑猥なメールをやり取り。

(おいくつですか)と

聞きたくなるような電話での会話。

 

高額なデートに旅行のやりたい放題。

はい、おさるさんですね・・・
夫がその女性にとって

都合がよくなればなるほど

自己愛の強い

被害者意識満載の女性の

怒りは増します。
そう、妻に向かって・・
「こんな都合のよい男性と結婚して

なに不自由なく暮らしているなんて

許せない!」

(ものすごい論理だ・・)

 
そして何も知らない妻に被害が・・

 
「知らない女性にいきなり突き飛ばされた。」

「家に入ってきて部屋を荒された。」

「夫の服に口紅が」

「夫の服から香水の匂いが」

「無言電話がかかってくる」

 
夫の浮気が発覚し、

妻が当事務所に相談に来るのは

浮気相手が妻に対して

憎悪を向け始めたことに

起因することが多いです。

 
このケースの場合、

夫が浮気をしてから

それが発覚するまで

1年以上経っていることもザラです。

 
妻が夫を誠実な人と

信じ切っているからです。

 
ただ、上記のように

不貞相手のいきなりの出現に

夫の周囲を確認すると

出てくるわ、出てくるわ・・。

 
夫は基本正直なので自白は早い。

 
妻の想像以上の

落ち込みに

驚いてどうしていいか

わからなくなりなり

ただ、ただ、謝るだけ。

 
夫は反省して

離婚を食い止めようとするのですが

おさるさんの夫を見た妻は

夫を生理的に受け付けられず、

離婚をすることに・・・

 
夫はそれならばできるだけの

償いをしたいと

住宅ローンの残額を引き続き支払い

ローン完済後には

妻の名義にする取決めをしました。

 
ただ、妻が再婚した場合には

家を出ていく、というオプションをつけました。

 
この時点で

夫としては、

妻との復縁を望んでもいたのです。

 
離婚してから約2年・・・。

 
妻から私に

「再婚しました♪」との

ご連絡が。

 
妻は再婚したので

今まで住んでいた家を

出ていくことになりましたが

新しいご主人と

新居を建てて

お子さんたちとも

幸せに暮らしているそうです。

 
結局夫は

家族からも

不貞相手からも捨てられ

自分名義の住宅ローン付きの家だけが

残りました・・

 
『おさるさんタイプの浮気』

男性にとっては恐ろしい

落とし穴です。

 

※浮気のタイプをまとめた動画
撮りました。
「大奥タイプ」「これ見よがしタイプ」
「おさるさんタイプ」等について
お話しています。
こちらも是非ご覧ください。

 

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋9-5-717
TEL 03-5643-7225 (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@mac-e-office.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時
休日 日曜・祝祭日(お仕事をされている等、時間がとれない方には、休日・時間外も対応致します。時間外料金はいただきません。)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab