【東京・中央区・日本橋】離婚相談、離活、離婚協議書、離婚公正証書作成。離婚経験者、行政書士、夫婦カウンセラー、FPとしてあなたのこれからの幸せをサポートします。

HOME » 円満離婚のまとめ » Vol.21 浮気をした夫(これ見よがしタイプ)と 離婚手続き | 東京・中央区・日本橋 離婚相談・離婚協議書作成・離婚公正証書作成.com

Vol.21 浮気をした夫(これ見よがしタイプ)と 離婚手続き

 

婚姻期間中に浮気を繰り返す

『大奥タイプ』は

実は離婚協議においては

比較的円満に手続きができる、という

お話をさせていただきました。
では、浮気をした上に離婚協議で

揉めてしまうのは・・
はい、『これ見よがしタイプ』の浮気です。
(『これ見よがし』というのは

私が勝手にそう呼んでます)
大奥タイプの男性は

妻1人では満足できず、

妻はNO1だけれども

NO2、NO3を欲し、

「妻は好きだけれども浮気する」でした。

 

これ見よがしタイプの方は

妻オンリーワンです。

誠実で優しい印象の男性が多いです。
危険なのは、お子さんが生まれたり

妻が仕事で忙しくなったりして

「構ってくれない」「家に居場所がない」と

これ見よがしタイプの男性が

感じ始めたとき。
「忙しいのだから仕方ないでしょ。

だったら家事やってよ!」

という妻の声が聞こえてきそうですが

これ見よがしタイプの方は

その状態を

「俺はずっと我慢してた」と言うのです。

 
実際5年、10年と長い期間を答える方も・・

 
そんな状況の中、

自分に優しくいたわってくれる女性が

あらわれると、気持ちはそちらへ。

 
これ見よがしタイプの男性は

「妻に不満があるから浮気する」

なのです。
妻への態度は手のひらを返したように

冷たくなります。
浮気が発覚しても

反省の言葉はありません。
「彼女の方が自分のことを大事にしてくれる」と

のろける始末。
そんなこと言われたら

「家のこと全部私にやらせて

何やってんの⁉」

と妻爆発ですよね。
そして泥沼状態。
離婚協議になっても

不倫相手とうまくいっているうちは

これ見よがしタイプの方は

「これまでの我慢を思い知らせてやる!」と

いう恨みの気持ちが強いので

養育費・財産分与等、

とにかく妻に渡したくありません。

 
妻はもちろん、子どもに対しても

冷酷になってしまう方も・・

 
2人の協議では話がまとまらず

調停→裁判へと進んでしまうケースもあります。

 
先日の大奥タイプと比べると・・

そうなんです。

 
実は、大奥タイプ男性の離婚協議より

これ見よがしタイプの男性の離婚協議の方が

難航することが多いのです。

 
ちなみにこれ見よがしタイプの方が

「我慢し始めた」と答える時期で多いのは

産後クライシスの時期・・

 

この時期は夫婦で乗り越える課題として

とらえていったほうがいいかもしれません。

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋9-5-717
TEL 03-5643-7225 (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@mac-e-office.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時
休日 日曜・祝祭日(お仕事をされている等、時間がとれない方には、休日・時間外も対応致します。時間外料金はいただきません。)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab