【東京・中央区・日本橋】離婚相談、離活、離婚協議書、離婚公正証書作成。離婚経験者、行政書士、夫婦カウンセラー、FPとしてあなたのこれからの幸せをサポートします。

HOME » 円満離婚のまとめ » Vol.1 円満離婚のすすめ | 東京・中央区・日本橋 離婚相談・離婚協議書作成・離婚公正証書作成.com

Vol.1 円満離婚のすすめ

 

よく「円満なら離婚しなくても…」と

言われる方がいらっしゃいますが、

夫婦として頑張ってはみたものの、

残念ながら『夫婦として』言い換えれば

『男と女』としてもう無理、

という方々もいらっしゃいます。

 

 

だからといって

喧嘩別れしていいかというと

そうではなく、

お子さんがいる場合には

お子さんのために『父親と母親』として、

新しい関係を築く必要があると考えています。

 

 

『男と女』の愛憎に

これ以上お子様を

巻き込んではいけません。

 

 

離婚するだけで十分なダメージです。

 

 

『男と女』としては

やっていけなくても、

お子様のために

『父親と母親』として

信頼を築こうとすることは

親として必要なことではないでしょうか?

 

 

実際、離婚の際に

お子様を中心に捉え、

「夫婦としては終わりだけど、

子どもの父親、母親として、

信頼関係を築けてよかった」と

『卒婚』される方が

数多くいらっしゃいます。

 

 

ちなみに

厚生労働省の

平成28年の調査では

養育費の取決めをしている・・44.2%

現在も養育費を受けている・・25.4%

現在も面会交流を行っている・・31.3%

 

取決めをしていない理由NO1は

養育費・面会交流ともに

「相手と関わり合いたくないから」

 

お子さんのために

できるだけ円満離婚に

なってほしいのです。

 

中には「あんな人、親として認めない」と

離婚して一緒に過ごさなくなる方の

親に合わせたくない方も

いらっしゃいます。

 

でも、お子さんの成長のためには

(DVなどの理由がない限り)

会えるのがベストです。

 

金銭的な面

時間的な面

精神的な面からも

調停や裁判よりも

協議離婚で

円満解決した方が

ベストなのはご承知の

通りです。

 

そして

協議離婚をする

ほとんどの場合において

欠かせないのが

公正証書の作成。

 

次回は

その公正証書について

お伝えしていきますね。

 

 

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋9-5-717
TEL 03-5643-7225 (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@mac-e-office.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時
休日 日曜・祝祭日(お仕事をされている等、時間がとれない方には、休日・時間外も対応致します。時間外料金はいただきません。)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab