【東京・中央区・日本橋】離婚相談、離活、離婚協議書、離婚公正証書作成。離婚経験者、行政書士、夫婦カウンセラー、FPとしてあなたのこれからの幸せをサポートします。

HOME » お金と法律に強い!夫婦カウンセラー藤原文のブログ » 子どもは親を見捨てない② | 東京・中央区・日本橋 離婚相談・離婚協議書作成・離婚公正証書作成.com

子どもは親を見捨てない②



これは私が塾講師として

中学生を教えていたときの

お話です。

 

(個人情報保護のため編集をしております。)

 

 

 

M君が幼稚園の時に

M君のお母さんが再婚しました。

お母さんはM君の妹だけを連れ、

 

M君を自分の実家に預けて

 

家を出ました。

 

 

 

「いつか迎えにくるからね」という

 

お母さんの言葉を信じ

 

M君は待ちました。

 

 

 

お母さんが迎えに来てくれることはない、と

 

M君が悟ったのは中学校に入った頃でした。

 

 

 

M君の中学・高校生活は荒れました。

 

 

 

20歳を過ぎた頃、

 

お母さんが病気で亡くなったという連絡が

 

M君のもとに入りました。

 

 

 

お母さんのお葬式にいっても

 

周りはお母さんの再婚後の

 

生活に関係している人達ばかりで、

 

M君を知っている人は

 

M君の妹以外、誰もいません。

 

M君は一番後ろの席に参列しました・・・

 

 

「昔は俺のことを置いていった

 

母親のことを恨んだけど、

 

今は恨んでない。

 

自分が大人になって、

 

あの時、母親はきっと

 

自分が出来るベストの選択を

 

したんだってわかる。

 

母親は女として幸せな人生を

 

送ることができたと思うよ。

 

好きな男性と一緒になれて、

 

最期は看取ってもらえたんだから。

 

俺、葬式のときに

 

母親の再婚相手に

 

『母を最期まで面倒見てくれて

 

ありがとうございました』

 

って言ったんだ。」

 

 

親の選択は、子供達に大きな影響を与えますクローバー

 

その影響が、たとえ子ども達にとって

 

好ましくないものであっても

 

子供達は、親を信じ、受け入れ、

 

愛し続けてくれますクローバー

 

<

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋9-5-717
TEL 03-5643-7225 (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@mac-e-office.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時
休日 日曜・祝祭日(お仕事をされている等、時間がとれない方には、休日・時間外も対応致します。時間外料金はいただきません。)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab