【東京・中央区・日本橋】離婚相談、離活、離婚協議書、離婚公正証書作成。離婚経験者、行政書士、夫婦カウンセラー、FPとしてあなたのこれからの幸せをサポートします。

HOME » お金と法律に強い!夫婦カウンセラー藤原文のブログ » 夫婦の相性 | 東京・中央区・日本橋 離婚相談・離婚協議書作成・離婚公正証書作成.com

夫婦の相性

 

 

当事務所では離婚の際の

公正証書作成のサポートをしていることから、

ご主人とも奥様ともやり取りをしますメモ

協議離婚ですから

裁判になるような場合と違い

どちららか一方的に悪い、ということは

あまり多くありません。

離婚事由で一番多いのは

「性格の不一致」です。

まさに「相性」の問題ですね。

このお仕事続けていくうちに

「結婚相手を選ぶのは

自転車に乗ったことのない人が

自転車を選ぶのに似ているなぁ自転車」と

考えるようになりました。

自転車に乗ったことのない人が

初めて自転車を選ぶときは

自分の身体に合うかどうかとかも

少しは考えるでしょうが、

カッコイイキラキラとか

雰囲気が気に入ったクローバーとか

ピンときた!とかで

選ぶ人も多いと思うのです。

 

そして、自転車を買ってから

乗りこなせるようになるまでは

右往左往したり、転んだり・・ショック

最初は大変ですが

少しずつ上達してきて

スムーズに乗れるようになりますよね自転車

でも中には自分に合わない自転車を選んでしまって

どうしてもスムーズに運転できない人もいると思うのです。

ハンドルやサドルを調整してもどうしてもダメ

車輪が三角形だった・・

四角形だった・・

ママチャリかと思ったら

競技用だった・・・

三輪車だった・・・

そしたらうまく乗りこなせないですよね。

これって夫婦の相性によく似ているなぁって思うのです。

どうして自分に会わない自転車を選んでしまったのか?

それは選ぶときには自分の身体や技術を

まだよく知らなかったからですよね。

自転車に乗ったことがなかったのだから

選び間違えることもあります。

一生懸命乗れるように努力したけど

無理でした・・って。

自分の人生の目的が

「遠くに行きたい。

いろんな世界を見てみたい」だとしたら

自分に合わない自転車では

難しいですよね。

だから「選び間違えました。」も

ありだと思うのです。

そんな時に

これ以上怪我をするリスク覚悟で

無理して乗る続ける必要はないと思うのです。

「この自転車が悪いのよムカムカ」って

自転車を壊す必要はないし

「私が不器用だから・・ダウン」って

一輪車を前にして自分を責めなくてもいいと思うのです。

「ごめんなさい。間違えました。」で

いいと思うのです。

中には間違えて一輪車買っちゃったけど

猛練習して曲芸ができるように

なりましたっていう人もいますけどね滝汗

 

 

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋9-5-717
TEL 03-5643-7225 (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@mac-e-office.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時
休日 日曜・祝祭日(お仕事をされている等、時間がとれない方には、休日・時間外も対応致します。時間外料金はいただきません。)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab