【東京・中央区・日本橋】離婚相談、離活、離婚協議書、離婚公正証書作成。離婚経験者、行政書士、夫婦カウンセラー、FPとしてあなたのこれからの幸せをサポートします。

HOME » お金と法律に強い!夫婦カウンセラー藤原文のブログ » 「もう子どもとは会わないほうがいいと思うんです。」 | 東京・中央区・日本橋 離婚相談・離婚協議書作成・離婚公正証書作成.com

「もう子どもとは会わないほうがいいと思うんです。」

 

 

当事務所は離婚の際の

 

公正証書作成のサポートをしていますメモ

 

公正証書では

 

お子様と同居しない親が

コンスタントにお子様に会えるよう、

 

取決めをしておきます。

これを「面会交流」と言いますニコ

 

お子様の親権が妻になった場合、

 

夫側から

「離婚したら、

 

もう子どもに会わないほうが

 

いいと思うのです。」

というのセリフを聞くことがあります。

 

理由をお聞きすると

「子供が大きくなって

面会交流をしていると

『うちは両親が離婚しているんだ。』

とわかってしまいますよね。

ウチは子どもが小さいから

今からもう会わないことにしておけば

父親のことが記憶に残らないと思うのです。」

子どもが小さいときに別れるのなら

父親を知らない方がいい?

 

いえ、子どもにとっては

世界でただ一人の父親なんですキラキラ

 

子どもが大きくなった時

父親の存在を知ったとして

子どもがどう感じると思いますか?

 

「父親に捨てられたダウン

です。

「どうしてお父さんは

 

一度も自分に会いに来て

 

くれなかったんだろう?

です。

 

 

『お母さんが会わせてくれなかった』

 

という言い訳もダメですよ。

 

「お母さんに止められたくらいで

 

会いに来てくれないなんで

所詮その程度の愛情なんだねダウン

と感じてしまいます。

 

 

だから離婚をするとしても

 

妻とは

 

子どもの両親として

最低限の信頼関係の構築が

 

必要ですベル

 

「親に捨てられた」と感じている子どもが

自己価値を高く持っていられると思いますか?

 

 

「どうせ自分は生まれた途端に親に見捨てられた子」と

感じてしまったらその子の毎日は幸せでしょうか?

 

 

塾講師をしていて延べ700人以上の子供たちと

接してきた立場から言えることベル

 

 

子どもが親を想う気持ちって

親が子どもを想う気持ちに

負けないくらい強いんですラブラブ

 

 

 

 

当事務所では

 

円満離婚を通して

 

夫婦として終わりでも

 

お子さんの両親として

 

信頼関係の構築が

 

できるようにもお手伝いしております。

 

 

お子さんのために

「本当の親」になって

 

いただきたいという

 

思いをこめてクローバー

 

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋9-5-717
TEL 03-5643-7225 (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@mac-e-office.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時
休日 日曜・祝祭日(お仕事をされている等、時間がとれない方には、休日・時間外も対応致します。時間外料金はいただきません。)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab