【東京・中央区・日本橋】離婚相談、離活、離婚協議書、離婚公正証書作成。離婚経験者、行政書士、夫婦カウンセラー、FPとしてあなたのこれからの幸せをサポートします。

HOME » お金と法律に強い!夫婦カウンセラー藤原文のブログ » 「好きな人とHする」とは限らない④ | 東京・中央区・日本橋 離婚相談・離婚協議書作成・離婚公正証書作成.com

「好きな人とHする」とは限らない④

 

 

・・・前回からの続きです。

夫の不貞が発覚した場合、

様々な法的手続きが考えられます。

相手の女性から慰謝料を請求するのかしないのか。

離婚するのかしないのか。

相談にいらっしゃった方には

 

今後の人生を左右する大切なことなので

少なくとも冷静な判断が下せるようになってから

その方にあった方法をご紹介させていただいておりますクローバー

本来、真面目な夫は

浮気がばれて妻がショックを受けたことがわかると

事の重大さに気づきます。

そして必死に謝罪します。

「今回のことについてちゃんと説明してビックリマーク

と妻に言われて

パワーポイントを作成してくる夫も多いです。

(きちんと報告する気満々ですね・・)
 

妻が聞きたいのは

「どうして浮気したの?

ということでしょうが、

その質問はお勧めしません。

妻からするとすべて言い訳に聞こえて

決して満足する答えは返ってこないからです。

 

「喧嘩になると彼が黙りこんで会話が成立しません。」

話し合うことは

「どうしたらもう浮気をしないようになるのか?

「どうしたら夫婦の関係性を再構築できるのか?

「どうしたら夫は妻の信頼感を取り戻すことができるのか?

です。

また夫の「ごめんなさい」の意味も

正しく受けとらないといけません。

夫は妻を傷つけたことに反省、謝罪しているのであり

自分が浮気をしたことを倫理的に反省していることは

少ないのです。

(「不貞をする自分がみっともない」とかはあまり

思っていないということですね)

妻から言わせると十分に「みっともない」ことなのですが

夫がそれを感じる感性の人間だったら

 

最初から浮気しませんダウン

ですから倫理的な考え方を

「おさるさんケース」をやらかした夫に求めても

妻ががっかりしてしまうだけですハートブレイク

 

「浮気をされて自分がどんなに悲しく、失望したかダウン」を

夫に伝えることが大切です。

上記の流れを通して

それでもダメな場合は離婚に至ってしまうのですが

妻に見捨てられてしまった夫は

浮気相手の女性とうまくいくのでしょうか。

少なくとも私の知る限り、うまくいったケースはありませんドクロ

離婚して慰謝料・財産分与・養育費と

経済的な負担が発生し

社会的な立場も失った夫は

浮気相手の女性からは

魅力的な男性には見えないからですハートブレイク

 

(所詮その程度の思い入れで

 

本当に好きではなかったのです。)

 

浮気相手の女性は

 

経済的に安定した

 

現在の妻の立場を守ろうとします。

 

最悪ダブル不倫の泥沼になった場合にも

 

経済的、社会的な優位性を失った夫と

 

一緒になるつもりはありません。

 

他の「言いなりになる男性」探しが始まりますので

最終的に夫は一人ぼっちになります。

優しい妻と可愛い子どもから

見捨てられ、

夢中になっていた刺激的な生活も

記憶のかなた・・

そんな中

呆然としている男性が残るだけです。
 

 

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋9-5-717
TEL 03-5643-7225 (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@mac-e-office.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時
休日 日曜・祝祭日(お仕事をされている等、時間がとれない方には、休日・時間外も対応致します。時間外料金はいただきません。)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab