【東京・中央区・日本橋】離婚相談、離活、離婚協議書、離婚公正証書作成。離婚経験者、行政書士、夫婦カウンセラー、FPとしてあなたのこれからの幸せをサポートします。

HOME » お金と法律に強い!夫婦カウンセラー藤原文のブログ » 親権者と子どもの名字は関係ありません。 | 東京・中央区・日本橋 離婚相談・離婚協議書作成・離婚公正証書作成.com

親権者と子どもの名字は関係ありません。

 

 

当事務所では離婚の際の公正証書作成サポートをしておりますメモ

 

公正証書に記載する取り決め事項のご案内、確認のほか

 

離婚後の生活設計を一緒に考えたり

 

離婚後のお手続きのご案内もしています。

 

離婚するご夫婦にお子様がいる場合には

 

妻が親権者となり、子どもを引き取り夫から養育費をもらうという

 

取り決めが多くなります。

 

そのような場合にあるちょっとした勘違いNG

 

「子どもの名字を変えるのは可哀想です。

 

子どもの名字が変わらないためには

 

私が離婚後も夫の名字を名乗らなければならないのですよね。」

 

いいえ、そうしなくていい方法もあるのですひらめき電球

 

結婚の時には夫婦どちらかの姓を名乗り、新しい戸籍を作りましたNEW

 

その際、女性が名字を変える場合が多いので、

 

離婚時には女性がその戸籍から出て

 

元の戸籍に戻るか、一人で新しい戸籍を作ります。

 

その際に、旧姓に戻すか、

 

そのまま結婚時の姓を名乗るか選択できます。

 

(たま~に「夫に許可を取らないと夫と同じ姓を名乗れないのですか?」

 

という質問をお受けしますが、夫の許可はいりません。

 

「離婚のときに称していた氏を称する旨の届」という書類を離婚の日から

 

3カ月以内に提出すればいいのです。)

 

離婚届を提出しただけだと、妻が夫婦の戸籍から抜けるだけです。

 

妻が親権者となったからといって、

 

自動的に子供も妻の戸籍に移るわけではありません。

 

子どもは夫のいる戸籍に入ったままです。

 

子どもを妻の戸籍に入れるには

 

家庭裁判所に対して「子の氏の変更許可(民法791条)」を申し立てます。

 

その時に妻が旧姓だと子どもも妻の旧姓、

 

妻が結婚時の名字だと子どもの名字もそのままというわけです。

 

なので子どもを妻の戸籍に入れずにそのままにしておけば

 

妻は旧姓に戻り、子どもの名字は変わらないということが可能です。

 

戸籍は違いますが、一緒に住んでいるのですから

 

住民票の世帯は妻と同じですビックリマーク

 

母子の名字が違っていても

 

日常生活で取り立てて不便なことはありません。

 

(経験者は語るイヒ

 

夫としては子どもが同じ戸籍なので

 

子どもとつながっている安心感音譜

 

妻としては正直離婚した夫と同じ姓をこれ以上名乗らなくていいというスッキリ感音譜

 

それを満たしてくれるという点で採用の余地はあるかもしれませんニコ

 

 

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋9-5-717
TEL 03-5643-7225 (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@mac-e-office.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時
休日 日曜・祝祭日(お仕事をされている等、時間がとれない方には、休日・時間外も対応致します。時間外料金はいただきません。)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab