【東京・中央区・日本橋】離婚相談、離活、離婚協議書、離婚公正証書作成。離婚経験者、行政書士、夫婦カウンセラー、FPとしてあなたのこれからの幸せをサポートします。

HOME » お金と法律に強い!夫婦カウンセラー藤原文のブログ » 共同養育のできる社会へ | 東京・中央区・日本橋 離婚相談・離婚協議書作成・離婚公正証書作成.com

共同養育のできる社会へ

 

 

子どもの学習サポートのボランティアでつながりのできた方から

 

「離婚後に元夫婦が共同で分担して子どもを養育しよう」

 

という活動があると教えていただきましたベル

 

日本では離婚後の母子家庭への養育費の支払率は約2割。

 

8割の母子家庭が養育費を受け取っていないのです叫び

 

それが母子家庭の貧困に拍車をかけているのですが、

 

養育費の支払率がこれだけ低いということは

 

面会交流(離婚後に子供と別居の親が子供に会うこと)も

 

割合も低いということは想像できますね。

 

なんと28%!!

 

(厚生労働省 平成23年度全国母子世帯等調査)

 

この低い数値には

 

「養育費をもらってないんだから子どもに会わせてやらんむかっ

 

という理由も存在するかもしれません。

 

(法的には養育費と面会交流は別物なのですが・・汗

 

また、夫(または妻)の浮気が原因で離婚する場合や

 

とてもつもなく一方が傷ついた場合など

 

「そんな夫(妻)には子供を会わせたくないビックリマーク

 

と感じてしまう方もいらっしゃいます。

 

それでも私は子どもに対して危険が及ばない限り

 

できるだけ面会交流はしていただきたいなぁと思っています。

 

その理由を、子供たちと接する仕事を長くしていた立場から・・

 

①子どもが自分自身に『親に愛される価値のない自分』の

 

レッテルを貼ってしまうことがあります。

 

両親が離婚して片方の親に会えなくなると、

 

子どもは(会えなくなった方の親に)見捨てられたと思い込んで

 

しまいます。

 

例え同居している方の親が面会を阻んでいることが理由でも

 

(それを乗り越えて会いに来てくれる愛情がないんだ・・)と

 

寂しく思います。

 

②実際の親と会わないと、親を実際よりも悪く、

 

もしくは逆に美化してしまいます。

 

例えば俗に言う『反抗期』に

 

「お父さん(お母さん)がいないからこんな嫌な思いを

 

するんだビックリマークなんて最低の父親(母親)なんだろうむっ

 

と別居の親を恨みます。

 

また逆に

 

「お父さん(お母さん)だったらもっと自分に優しくしてくれるはず。

 

お父さん(お母さん)についていけば良かったガーン

 

と同居の親を疎ましく感じます。

 

両方とも健全な成長とは言えませんよね。

 

別居の親にコンスタントに会うことで

 

「ま、こんなもんかニコニコ」とニュートラルな父親像(母親像)を

 

持って大人になってほしいなぁ・・と思っています。

 

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋9-5-717
TEL 03-5643-7225 (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@mac-e-office.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時
休日 日曜・祝祭日(お仕事をされている等、時間がとれない方には、休日・時間外も対応致します。時間外料金はいただきません。)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab