【東京・中央区・日本橋】離婚相談、離活、離婚協議書、離婚公正証書作成。離婚経験者、行政書士、夫婦カウンセラー、FPとしてあなたのこれからの幸せをサポートします。

HOME » お金と法律に強い!夫婦カウンセラー藤原文のブログ » 配偶者控除の103万円より、もっとコワい103万円がある | 東京・中央区・日本橋 離婚相談・離婚協議書作成・離婚公正証書作成.com

配偶者控除の103万円より、もっとコワい103万円がある

 

 

「政府税制調査会は9日に総会を開き、税制の議論を再開する。

 

専業主婦やパートの妻がいる世帯主の税負担を軽くする

 

「配偶者控除」の見直しでは、新制度のあり方などを議論する・・・」

 

(毎日新聞9月1日配信)

 

配偶者控除が廃止になる・・かも!?

 

配偶者控除というのは配偶者(多くの場合は妻)が

 

給与収入で103万円以下の場合38万円の所得控除が

 

受けられるヤツですね。

 

税金が38万円安くなるわけではありません。

残念ながら・・ぐすん

 

安くなるのは「38万円×税率」です。

 

税率は所得に応じて5%から45%と幅があります。

 

いつものことながらとってもざっくりですが

 

夫の年収500万、妻、子ども2人の計3人を扶養している場合

 

税率10%となります。

 

(ホントにホントにざっくりですよ~w)

 

なので年間の所得税額は3万8千円安くなるという計算メモ

 

住民税の3万3千円と合わせて年間7万1千円

 

ところがビックリマーク

 

扶養しているお子さんが19歳~22歳

 

(専門学校生・大学生のイメージですね)の場合、

 

特定扶養親族といって、扶養控除額63万円となります。

 

配偶者控除の1.5倍以上の控除額!!

 

お子さんがアルバイトで頑張って

 

年間給与収入が103万円を超えてしまった場合、

 

63万円の扶養控除が受けられなくなりますあせる

 

税率同じく10%とすると

 

63万円×10%=6万3

 

住民税も扶養を抜けてしまうので

 

45万円(住民税の扶養控除額)×10%=4万5千円

 

所得税と住民税合わせて10万8千円目

 

おまけに配偶者に関しては103万円を超えても

 

配偶者特別控除があり、ちょっとは緩和されますが

 

扶養控除はなし!!

 

「ウチの子、夏休み頑張ってバイトしてたなぁニコ」という方、

 

頭の片隅にちょっと入れておいてくださいねベル

 

いきなりだとびっくりします叫び

 

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋9-5-717
TEL 03-5643-7225 (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@mac-e-office.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時
休日 日曜・祝祭日(お仕事をされている等、時間がとれない方には、休日・時間外も対応致します。時間外料金はいただきません。)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab