【東京・中央区・日本橋】離婚相談、離活、離婚協議書、離婚公正証書作成。離婚経験者、行政書士、夫婦カウンセラー、FPとしてあなたのこれからの幸せをサポートします。

HOME » お金と法律に強い!夫婦カウンセラー藤原文のブログ » 家族のために、としたことなのに・・児童扶養手当がもらえない⁈① | 東京・中央区・日本橋 離婚相談・離婚協議書作成・離婚公正証書作成.com

家族のために、としたことなのに・・児童扶養手当がもらえない⁈①

 

 

先日、専門学校で給与計算の授業をしていたら本

「先生~、夏休みバイト頑張り過ぎて年間130万円超えそう~あせる

 

と、生徒さんからご相談がビックリマーク

 

「うわ、103万じゃなくて130万の方か、キツアセアセ」と口走ってしまったら

 

「なんで~キツいの~はてなマーク103万とか130万とかなに~はてなマーク

 

と、とても盛り上がった授業になりました合格

 

 

 

社会保険ってお給料から自動的に控除されているし、

 

扶養の手続きとか会社がしてくれるので

 

その仕組みをしっかり勉強する機会ってなかなかありませんよね。

 

私が社会保険を勉強して最初に驚いたのは、

 

扶養する人がいてもいなくても保険料が変わらないことビックリマーク

 

 

例えば社会保険のうち、健康保険について

 

いつものことながら、とってもざっくり説明すると

 

(ざっくりなので算定基礎届・標準報酬月額の説明飛ばしますガーン

 

お給料と交通費合わせて25万円の人が

 

お給料から控除される健康保険料は月額12,948円

 

(協会けんぽ・厚生年金保険の保険料額表(東京都)より)

 

結婚して配偶者が扶養になると配偶者の健康保険証がもらえます。

 

子供ができて扶養になると子供も健康保険証がもらえます。

 

独身でも、家族を扶養していても同額の12,948円!!

 

扶養家族が多ければ多いほどお得!?

 

 

 

個人事業主等で社会保険に加入していない場合は

 

「国民健康保険」となりますが、

 

こちらには扶養という考えはありません。

 

家族が増えれば世帯の保険料も増えます。

 

例えば、

 

夫が社会保険、妻は個人事業主で国民健康保険で

 

年間収入が同じくらいだったら

 

子供は夫の社会保険の扶養に入った方が

 

世帯の健康保険料は少なくなるということですね¥

 

 

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋9-5-717
TEL 03-5643-7225 (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@mac-e-office.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時
休日 日曜・祝祭日(お仕事をされている等、時間がとれない方には、休日・時間外も対応致します。時間外料金はいただきません。)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab