【東京・中央区・日本橋】離婚相談、離活、離婚協議書、離婚公正証書作成。離婚経験者、行政書士、夫婦カウンセラー、FPとしてあなたのこれからの幸せをサポートします。

HOME » お金と法律に強い!夫婦カウンセラー藤原文のブログ » 初対面の女性を泣かせた素敵な男性 | 東京・中央区・日本橋 離婚相談・離婚協議書作成・離婚公正証書作成.com

初対面の女性を泣かせた素敵な男性

 

 

今回のお話しは前回の続きです。

 

WhyとHowのお話は

 

『子供のやる気を引き出す魔法の質問』という90分の

講座に入っていますニコ

 

(ちょっとネタバレごめんなさいあせる

 

ワークでは2人1組になってもらい、実際にWhyとHowの法則を体験してもらいます。

 

Whyは自分の気持ちを満足させたい、自分軸の質問。

 

Howは相手の成長を促す相手軸の質問。

 

 

 

設定は・・・

 

「『絶対に遅れないでね』という約束したのに相手が30分も遅れてきました。」ガーン

 

一人が「どうして遅れたの~はてなマークと質問する係。

 

それに対しもう一人が答えます。

 

「電車遅延で・・・あせる

 

「寝坊して・・・腕時計

 

「お化粧に手間取って・・・口紅

 

「何着ていくか迷っちゃって・・・リボン

 

出てくる、出てくる言いわけの嵐・・・ウシシ

 

 

 

その日、2人組になったのは、

 

まだ6カ月の赤ちゃんを抱っこした若くてかわいいママと、

 

小学生のお子さんがいらっしゃるという、

 

40代半ばのふくよかでやさしそうなお父さん。

 

(そうそう、エケコ人形みたいなラブラブ

 

ママが聞く係メモ

 

「どうして遅れたの~はてなマーク

 

するとそのお父さん、

 

「ごめんね~!!

 

心配させちゃったね~あせる

 

連絡もしなくて本当に悪かったビックリマーク

30分も待たせて疲れさせちゃったよね~汗

 

心細かったよね~あせる

 

本当にごめんね!!!!!!

 

(お、お父さん、ワークの趣旨が・・あせる)と

 

私が心の中でツッコミを入れた矢先、

 

若いママが

 

「やさしい~!!

 

そんな言葉、夫に言われたら泣いちゃう~笑い泣き

 

(泣いちゃうじゃなくて本当に泣いちゃったよ~あせる

お父さんは小学生のお子さんがいて、

 

子育ての大変さがわかっているから

 

6カ月の赤ちゃんを抱っこしながら

 

ずーっと立って待ち続ける彼女を想像したのかもしれません時計

 

お父さんの答えは相手の気持ちに寄り添った

 

相手軸の答え宝石白

 

Whyの法則、.ぶっ飛びましたわラブラブ

 

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋9-5-717
TEL 03-5643-7225 (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@mac-e-office.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時
休日 日曜・祝祭日(お仕事をされている等、時間がとれない方には、休日・時間外も対応致します。時間外料金はいただきません。)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab