【東京・中央区・日本橋】離婚相談、離活、離婚協議書、離婚公正証書作成。離婚経験者、行政書士、夫婦カウンセラー、FPとしてあなたのこれからの幸せをサポートします。

HOME » お金と法律に強い!夫婦カウンセラー藤原文のブログ » 家族のために、としたことなのに・・・住宅ローン控除が使えなくなる⁉① | 東京・中央区・日本橋 離婚相談・離婚協議書作成・離婚公正証書作成.com

家族のために、としたことなのに・・・住宅ローン控除が使えなくなる⁉①

 

 

確定申告の時期です。

ここ数年、いつも締切ギリギリでしたがガーン

今年はすでに提出済みメール

 

1月分からちゃんと整理しておけば

 

1日でちゃんと終わるんですよね音譜

 

と、いうことで今日は離婚業務のうち

 

確定申告がらみで

 

私が残念だなぁ~と感じていることですえーん

 

 

結婚をして、家族が増えて

 

家をローンで購入し、2~3年。

 

このような状況で離婚することになったら・・

 

やはり問題は「家をどうするかはてなマーク

 

例えば・・・

お子さんが小さくて、

 

妻の収入が低くて

 

住宅も住宅ローンも夫名義という場合。

 

 

・離婚で子供たちの住環境が変わるのはかわいそう。

 

・子供たちには大きくなっても戻れる「実家」を

 

残してあげたい。

 

・妻には安心して子育てしてほしい。

 

そういった考えから

 

妻と子供がそのまま家に住み続けることを考える・・

 

というご主人がいらっしゃいます。

 

そのために妻に住宅を名義変更したいけれど、

 

妻の収入が低くて住宅ローンを引き継げない。

 

そんなときは、

 

「住宅ローンの支払いが終了したら

 

住宅の名義を妻に変更」

 

という取り決めをします。

 

本来、住宅ローンの債務者の夫は

 

その住宅に住んでいるべきなのですが、

 

離婚して夫が家を出る、でも住宅ローンはそのまま夫が支払うと

 

いうケースは金融機関も認めてくれる可能性が高いですニコ

 

 

続く・・・・

 

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋9-5-717
TEL 03-5643-7225 (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@mac-e-office.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時
休日 日曜・祝祭日(お仕事をされている等、時間がとれない方には、休日・時間外も対応致します。時間外料金はいただきません。)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab