【東京・中央区・日本橋】離婚相談、離活、離婚協議書、離婚公正証書作成。離婚経験者、行政書士、夫婦カウンセラー、FPとしてあなたのこれからの幸せをサポートします。

HOME » お金と法律に強い!夫婦カウンセラー藤原文のブログ » とりあえず確定申告しないと! | 東京・中央区・日本橋 離婚相談・離婚協議書作成・離婚公正証書作成.com

とりあえず確定申告しないと!

 

 

本業は行政書士ですが、子供たちと関わる仕事がやめられず、

 

都内の某美容専門学校で「運営管理」という科目を教えています。

この中に労務管理という分野があり、

 

お給料の内訳について学習します。

 

 

この分野は社会保険とか生徒さんたちに知ってほしい情報満載で

 

私が特に力が入ってしまう分野です。

 

年金とか、育児休業給付金とか、

 

たぶん彼らには初めての授業だと

 

思うのですが、とっても真剣に聞いてくれます。

 

 

 

で、授業が終わると「先生~私の給与明細見て~合ってる?」

 

という生徒が続出!(かわいいニコニコ

 

 

 

その日は通信クラスの生徒の授業。

 

彼らは昼間は仕事に就きながら通信学習で学びます。

 

だから会えるのはスクーリングの時だけ。

 

通常の生徒さんよりちょっと年上でお子さんがいる方も音譜

 

「先生~私の源泉徴収票見て~」

 

えっ!?そ、それは源泉徴収票ではない・・支払調書・・・あせる

 

本人に確認すると「何それはてなマークお給料じゃないのはてなマーク

 

そ、それはね・・

 

確かに見かけは似てるよね汗

 

 

 

若い彼らのお給料は給与所得で年末調整すると

 

税率5%(+復興特別税)でおさまることがほとんどですが、

 

報酬で源泉税10%(+復興特別税)引かれてしまい

 

「はいっ」て支払調書渡されても

 

年末調整だと思って何もしていないのです。

 

彼らに

 

1給与宝石緑税率5%宝石緑源泉徴収票

 

宝石緑税金計算は年末調整で終わっているから何もしなくていい

2報酬宝石緑税率10%宝石緑支払調書

 

宝石緑税金計算は終わっていないので確定申告で還付してもらう

 

を、納得してもらいました。

 

(それ以前に給与と報酬の違いで契約どうなってるのはてなマーク

 

って話ですが・・・)

 

 

 

その他にも生徒さんに聞くとお給料にまつわる問題続出です。

 

「開店したばっかりのお店のオーナーがね、

 

『給与計算できないから、現金そのまま渡すね』って」爆弾

「私、育児給付金もらえなかったの。

 

ずっとお給料だと思ってたのに報酬だった・・」叫び

 

 

 

他の業種でも今まで給与だったのに今年から報酬に・・

 

なんて話も結構ききます。

 

会社側が社会保険料の負担を少なくするための処置なんでしょうが

 

せめてちゃんと説明して合意の上で契約してあげて欲しい・・

 

 

 

「とりあえず、今年は確定申告しようビックリマーク

 

 

一生懸命働いているあなたたちが

 

「知らない」ことで損しないように

 

これからもしっかり授業するからね!!

 

 

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋9-5-717
TEL 03-5643-7225 (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@mac-e-office.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時
休日 日曜・祝祭日(お仕事をされている等、時間がとれない方には、休日・時間外も対応致します。時間外料金はいただきません。)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab