【東京・中央区・日本橋】離婚相談、離活、離婚協議書、離婚公正証書作成。離婚経験者、行政書士、夫婦カウンセラー、FPとしてあなたのこれからの幸せをサポートします。

HOME » お金と法律に強い!夫婦カウンセラー藤原文のブログ » 子どもに悪影響を及ぼすのは母子家庭より○○○○家庭 | 東京・中央区・日本橋 離婚相談・離婚協議書作成・離婚公正証書作成.com

子どもに悪影響を及ぼすのは母子家庭より○○○○家庭




離婚の相談を受けていると、

「母子家庭になってしまうけど、子どもは大丈夫でしょうか

との質問を多く受けます。

「大丈夫

お母さんがいつも笑顔でイキイキしていてくれれば心配ありません。

面会交流で『会いたいときにはお父さんに会える』安心感があれば

なおよし

子どもにとって大切なのは両親が笑顔でいてくれることです。」

と答えています。

母子家庭の問題は「貧困」と「子どもを見る目が少なくなってしまうこと」

「母子」という家族構成が問題なのではありません。

(当然ですが「お父さんいらない」という意味ではありませんよw)

もちろん、両親の離婚は子どもたちにとっても

悲しいこと。

でも子供たちはそこから立ち上がり、

素晴らしい成長を私たちに見せてくれます。

感動の子供たちはこちらから→無償の愛

いじめ・登校拒否・引きこもり・リストカット・・

過去に塾講師をしていた私が接した限り

これらの問題を抱えた子供たちの家庭は

母子家庭ではありませんでした。

母子家庭でなく仮面夫婦家庭

・夫もしくは妻がモラハラでもう片方が我慢している

・夫もしくは妻が家庭を顧みずもう片方が我慢している

・夫婦に会話がなく、重たい雰囲気を子供が感じている

・喧嘩が絶えず、子どもの前でも平気で罵り合う
(これはもう仮面とは言えませんね

お父さんとお母さんの仲が悪いことは

子どもにとっては大きな心配事で

またとっても鋭いので感じ取ってしまうんですね。

また、「配偶者が思い通りにならない 」というストレスが

「子どもを思い通りにしよう」という

とんでもない方向にいって

子どもを傷つけてしまうこともあるんです。

問題が水面下で起きやすく

問題の起き方も多岐にわたるという点では

母子家庭よりも具体策が講じにくく

個人的にはこちらの方が深刻だと感じています

「中学3年生女子。

成績はいいが登校拒否気味。

母親が心配して今まで何人も家庭教師を送り込んでいるが

全て母親からクレームがついてキャンセルになってしまう。

ベテランの先生を・・」

とのリクエストでうかがった家庭・・・・

はい 思った通り、子どもに問題なし

あまりにも「真面目ないい子」ぶりにピン と来たので

母親からのクレーム覚悟で勉強教えたのは実質1時間、

あとはカウンセリング・・・

で、彼女が学校でひとりぼっちになっていること、

リストカットしていることを告白しました。

問題あるじゃん

って、この解決策は子どもではなく、

親御さんにあり

内容はともかくw予定通りの2時間で指導は終わらせ、

指導報告を兼ねてお母さんのところへ・・

はい 思ったとおり

お母さんはお父さんへの愚痴が止まらず延々4時間

その後も行くたびに子どもへの学習指導時間2時間と

お母さんの話を聞く時間2時間、

子どもにはお母さんが落ち着くまで

深夜のホットライン (電話対応)付・・と

何とも割の合わない仕事だったのですがw

夫婦はともかく母娘の関係は改善され

子どものリストカットの心配はなくなり

高校は本人が希望した学校へ見事合格

「高校は楽しいです」と嬉しい報告を受けました

とりあえず、ここまではたどり着きましたが・・・

夫婦がきちんと対面しないと根本解決にはなりません。

ホント、大変なんですよ。

仮面夫婦の子どもが受けるストレスって・・・

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋9-5-717
TEL 03-5643-7225 (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@mac-e-office.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時
休日 日曜・祝祭日(お仕事をされている等、時間がとれない方には、休日・時間外も対応致します。時間外料金はいただきません。)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab