【東京・中央区・日本橋】離婚相談、離活、離婚協議書、離婚公正証書作成。離婚経験者、行政書士、夫婦カウンセラー、FPとしてあなたのこれからの幸せをサポートします。

HOME » お金と法律に強い!夫婦カウンセラー藤原文のブログ » 離婚時に養育費合意56% | 東京・中央区・日本橋 離婚相談・離婚協議書作成・離婚公正証書作成.com

離婚時に養育費合意56%

8月19日読売新聞1面に

「離婚時に養育費合意56%」との記事が掲載されていました。

「2012年度の1年間に離婚した、未成年の子がいる夫婦のうち、
別居した親子の面会方法や、養育費の分担について離婚時に
決めていたのは全体の半数強にとどまっていることが法務省の
まとめで分かった。」

昨年4月に民法が改正され、未成年の子がいる場合、
面会方法や養育費の分担について離婚時に決めるよう
求められています。
離婚届は面会や養育費の分担について取り決めたかどうか
チェックするような書式になりました。
しかし、法改正から1年たっても56%・・・

取決めをしても全てのケースでがきちんと約束が守られるとは
言い切れません。
養育費の支払率は2割弱
と言われています。
現時点ではこの数値もあまり改善されてはいないでしょう

この原因として
「具体的にどのような内容を決めるかが分かりにくいため、取り決めが広がっていない。」
との理由が挙げられています。

私としてはその他に
・話し合いがうまくいかない。
・そもそも話し合いができないほど関係が悪化している。
というのもあるかと思います。

離婚届市役所にを取りにいった時にチェックリストで
養育費や面会方法を取り決めること知っても
その時点ですでに精神的に限界で冷静に話し合える関係では
ないかもしれません。

私はHPやブログではもちろんですが、初めて会った方には
「行政書士をしています。離婚業務を取り扱っていますが
養育費の支払率が2割を切っているってご存知ですか?
養育費が支払われていないとすると、その子供が離れて暮らしている親と
会っている率も低いですよね。
公正証書を作成すると・・」

とお話しさせていただいています
いきなりの「離婚」にたじろぐ方もいらっしゃいますが
養育費の支払率の低さには多くの方が驚かれます。

今、自分に出来ることはもっとないだろうか
出来るところから少しずつ。
いつも課題としています

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋9-5-717
TEL 03-5643-7225 (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@mac-e-office.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時
休日 日曜・祝祭日(お仕事をされている等、時間がとれない方には、休日・時間外も対応致します。時間外料金はいただきません。)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab