【東京・中央区・日本橋】離婚相談、離活、離婚協議書、離婚公正証書作成。離婚経験者、行政書士、夫婦カウンセラー、FPとしてあなたのこれからの幸せをサポートします。

HOME » お金と法律に強い!夫婦カウンセラー藤原文のブログ » そういう問題ですか? | 東京・中央区・日本橋 離婚相談・離婚協議書作成・離婚公正証書作成.com

そういう問題ですか?

 

同性愛者

「70代男性。女性と結婚して子も持ちましたが、同性愛者です。
最近まで交際していて、別れた彼についての相談です。
私は元々、女性も愛せるのですが、老境に入って妻との性生活が疎遠になるにつれ、
若い男性への興味深まりました。
3年前に当時37歳だった独身男性と知り合い、付き合ってきました。
その彼に最近、40代の交際相手ができて、私から離れていきました。・・・続く」

それに対して回答者は

「映画『ベニスに死す』を思い出してしまいました・・・続く」

H25.7.29読売新聞人生案内に掲載されていたのですが、
疑問を感じてしまうところが・・

①「若い男性」ではなく「若い女性」だったら?妻・子がいる男性が新聞で堂々と失恋の辛さを語れるでしょうか。

②「性生活が疎遠になる→他の人と付き合う」こういう行動を皆がしたら大変なことになりませんか?

③「女性も愛せる」→妻を愛しているならこんなこと、こんな表現しませんよね。
性生活が疎遠になると他の人間の方が心に占める割合が高くなるような愛し方ですか?

もちろん、同性愛者を否定している訳ではありません。
また結婚しているのに他の人に心を奪われるのはおかしい!
と言っているわけではありません。
だだ、この文面に相談者の妻子に対する思いやりが感じられなかったのです。
私はこの記事を(多分悪気がないけど)妻子の存在をないがしろにして
同性愛にフォーカスされたものととらえました。回答者も含めて・・・

私がなぜこの記事が気になってしまったか?

常日頃、離婚業務で「悪気がないけど(だから罪悪感もなく)相手の存在をないがしろ」
をたくさん見てきてるからだと思います。

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋9-5-717
TEL 03-5643-7225 (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@mac-e-office.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時
休日 日曜・祝祭日(お仕事をされている等、時間がとれない方には、休日・時間外も対応致します。時間外料金はいただきません。)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab