【東京・中央区・日本橋】離婚相談、離活、離婚協議書、離婚公正証書作成。離婚経験者、行政書士、夫婦カウンセラー、FPとしてあなたのこれからの幸せをサポートします。

HOME » お金と法律に強い!夫婦カウンセラー藤原文のブログ » パワハラにすすませない | 東京・中央区・日本橋 離婚相談・離婚協議書作成・離婚公正証書作成.com

パワハラにすすませない




 

パワハラ


これは以前私がお世話になっていた会社での出来事。

私は経理や給与計算、社会保険関係の業務で

その会社に入ったのですが、

その会社では欝病や適応障害で長期お休みされている方の

率がとても高かったんです。

それも「会社内のあるグループ」に限って。

退職率も高く、それも「あるグループ」ばかり。

私の疑問は1カ月程で明らかになりました。


そのグループ長、明らかにパワハラ・セクハラ上司でした

デリカシーのない質問を女性社員にしたり、

お母様を亡くした方に無神経なことを言ったり、

自分の意見が通らないとフロア中聞こえる大声で怒鳴ったり、

彼の上司でさえ、手を焼いている様子・・

でも「自己愛性人格障害」というよりは

「空気が全然読めず、言語能力の低い人」という印象でした。

私はグループが違ったのでほとんど交流がなかったのですが

デリカシーのない質問をされたことはありました。

そんな時には「あ、それセクハラですから」とかわしていました。

ある日、私はいわれのないことでその方にいきなり怒鳴られました。

彼の言い分を聞いたあと、私は自分の状況を説明し、

彼が勘違いしていたことを理解してもらうことはできました。

立去ろうとした彼に

「すみません、ちょっといいですか?」

私は声をかけて、小さな会議室に誘いました。

「なんだ?」

「とりあえず、こちらへお願いします。」

部屋で2人になったところで私は彼に言いました。

「先程の暴言、撤回してください。私に失礼です。」

「私に失礼・・・」多分、そんなこと言われたことなかったのでしょう。

最初は驚いていたようでしたが、最終的には

「スミマセン」と謝罪しました。

その後その方と私の関係が悪化したしたかというとそうでもなく

自分の仕事を他の人に押し付けることもなくなり、

彼の上司もトラブルが減ってストレスがたまらなくなってきた様子。

「藤原さ~ん、この間同窓会に参加したら

みんなにワガママって言われたんだけど、

俺ってワガママかなぁ~?」

と質問してきました。

「う~んマイペースには間違いないですね。奥様に感謝してくださいね

と言うと

「ハハハ・・、マイペースかぁ~」

「奥様にはくれぐれも『感謝』ですよっ

と楽しい会話もできるようになりました。

パワハラの本人に自覚がなくても

こちらがパワハラ被害者のリストにあるような言動をしてしまうと

深刻なパワハラに発展してしまいます。

時と場合、方法等に十分な配慮が必要ですが

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋9-5-717
TEL 03-5643-7225 (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@mac-e-office.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時
休日 日曜・祝祭日(お仕事をされている等、時間がとれない方には、休日・時間外も対応致します。時間外料金はいただきません。)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab