【東京・中央区・日本橋】離婚相談、離活、離婚協議書、離婚公正証書作成。離婚経験者、行政書士、夫婦カウンセラー、FPとしてあなたのこれからの幸せをサポートします。

HOME » お金と法律に強い!夫婦カウンセラー藤原文のブログ » 薬では解決できない | 東京・中央区・日本橋 離婚相談・離婚協議書作成・離婚公正証書作成.com

薬では解決できない

 

熟年離婚2

熟年離婚のセミナーや、熟年世代の方のカウンセリングをしていていると
モラルハラスメントに関する質問やご相談を多く受けます。

モラルハラスメントとは「言葉や態度等によって行われる精神的な暴力」
私は自分が離婚に直面し、自身の心の問題と向き合うまでこの言葉を知りませんでした。

職場におけるいじめとして報告されることが多いですが、夫婦間、友人間などの人間関係の中でもモラハラは発生します。家庭の中で起きると精神的な暴力として、DV(ドメスティックバイオレンス)の1つとなります。

現在はモラルハラスメントチェックリストというものも広く知られています。

カウンセリングにこられた方に・・
「モラルハラスメントチェックリストを見てみたら、
私はモラルハラスメントの被害者のリストにそのまま当てはまりました。
精神状態もよくないので精神科でお薬も出してもらっています。
藤原さんはうつ病になってお薬を飲んでいたとありましたが、
私も薬で乗り越えられますか?」
という質問を受けました。

私は薬のお世話にはなりましたが、(大変助かりました

薬が環境を変えてくれた訳ではないことをお話ししました。

「モラルハラスメントは被害者が薬を飲むことでは解決出来ません。
自分をその辛い精神状態から他の場所に移すところから始めましょう。
これ以上あなたを辛い目にあわさないでください。」

そして心の中の3歳児のお話しをさせていただきました。
3歳児にたくさん愛情あげましょうね。
今までの分も

モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない/紀伊國屋書店
<

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋9-5-717
TEL 03-5643-7225 (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@mac-e-office.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時
休日 日曜・祝祭日(お仕事をされている等、時間がとれない方には、休日・時間外も対応致します。時間外料金はいただきません。)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab